税理士の国家試験と科目免除について

税理士の国家試験は、科目合格制が採用されており5科目の試験の中で、合格点に及ばなかった科目については翌年以降の国家試験の中で合格を目指す事で税理士の資格を得られると言う特徴が有ります。
5科目の試験の中で2科目が合格点であり、3科目が不合格になった場合は、翌年の国家試験では不合格になった3科目の合格を目指せるのです。


合格になった2科目は生涯有効になりますので、残りの3科目の勉強を集中的に行い合格を目指せるというメリットが在るのです。

カードローン 審査の補足説明を致します。

また、税理士の国家試験は科目の免除が行われるケースもあります。

例えば、大学などの学校の中で教授や助教授を初めとして、講師の職として勤務していた期間が通算で3年以上の人や、学位を授与されている人などの場合税法に関わる科目の試験の中で税法科目の免除が行われ、会計学に関わる科目の中で会計学科目の免除が行われます。

また、会計士補助の場合は会計学科目の免除が行われることになるのです。

評判が高いアコムの有益情報を見つけよう。

官公署内での事務の中で、所得税や法人税などの国税の賦課や法律の立案に関わる事務などに従事している期間が通算で10年以上、もしくはこれ以外の国税に関する事務に従事している期間が通算で15年以上在る場合などの場合は、国税科目の免除となります。


また、官公署内での事務の中で道府県民税や事業税と言った、地方税の賦課や法律の立案に関わる事務などに従事している期間が通算で10年以上、もしくはこれ以外の地方税に関する事務に従事している期間が通算で15年以上在る場合などの場合は地方税科目の免除となります。